ぶろぐはぶろぐ。

【映画】全世界のバカ共へ。『ハイ・フィデリティ』見ました。

▼『ハイ・フィデリティ』ティザーはこれ


えーっとですね。タイトルには全世界のバカ共なんて書き方をしましたが…それはちょっと失礼なので
全世界の野郎共、いや、これも失礼か…
もうあれだ、私の周りにいる男共(恋愛面・友達面も含む)に告ぐブログを書きます。
ただの女・インテリ男には興味ありません。
この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者…じゃなくてこじらせているバカな男がいましたら、
その方だけブログを読んでください。以上!



ということで、見ました『ハイ・フィデリティ』
みた感想はあれだね、アニーホールみたいでした。につきます。
私達はあくまで1視聴者であり、この世界を覗き見させてもらっている。
主人公が私達に語ってくれてたり、変に不自然な画作り(家に入るシーンの画角の固定・執拗なほどのカット数だったし)が
あったり、こういった演出、いつも関心します…。


って、言いたいのはそんなことじゃない!!!!!!!!!!!!!!!
今回のブログはひとまず読み手を定めたので、物語の紹介とかは置いといて、ともかく私の『意見』を記載します。


さて。
印象に残ってるセリフを上げていきたいのですが、
主人公でもありレコード屋で働く音楽オタクの彼・ロブはこんなセリフを残していますね。



「人間の価値は人間性などではなく、その人間の聴いている音楽の趣味によって決まる」




ほんと男ってわかってないんだから!!!!(ドラマかな?このセリフ)
私は人生で初めて、CDを自分から聴いた歌手は、ゴイステでもガガガでもミドリでもありません。
「ゆず」です。なぜか知っていますか?
そうです、昔好きだった男の子がゆずを好きだったから、CDを借りるきっかけにしたかったのです!!!

お兄ちゃんの部屋から毎朝目覚まし代わりに流れる、BEAT CRUSADERSの「HIT IN THE USA」に
「あああああああうるさい。○○君みたいにゆず好きな男の子と将来は絶対に結婚しよう」と心に誓いました。

(余談ですが、あの頃から10年以上たち、もはやゆずの音楽はまったく聴く事もなくなりましたが、
かわりにOTODAMA2010でみたBEAT CRUSADERSの散解で演奏された「LOVE DISCHORD 」の
あの震えるような感動が、IPodビークルを聴くたびに思い出して、叫びたくなります)


話は戻りますが、私はロブと逆の意見、
人の価値というのは、人間性で決まるのではないかと思うのです。

確かにロブの言うように、私だって
オリックスブルーウェーブが好きやねん」
「あ、俺も。後藤楽天言っちゃったね。悲しいね」なんて言われたら一気にその人の事が好きになるし、
それだけでもうつきあいたいと思います。

しかし。先ほども述べましたが、女は悪魔です。魔性です。魔女なのです。力を持っている。
「(あ、○○君はゆずが好きなんやな、しめしめ。ゆずとかくっそ興味ないけど、聴いて○○君と話合わせたろ)」
と常に考えています。
音楽の趣味・し好は合わせられるのです。音楽だけじゃない、野球もサッカーも食べ物も色も全部全部!


うーん、何が言いたいかっていうと、人の価値っていうのは、
『音楽の趣味で決まる』とか、『野球の趣味で決まる』とか、その君の決めた狭い範囲内で決まるのではなくて

『好きな人の為にどれだけ音楽に詳しくなろうと努力したか』
『好きな人の為にどれだけ○○(好きな人の好きな事)に詳しくなろうと思ったか』
『好きな人が○○(EX柔和な子)が好きだから、私も柔和になろう』だとか、
この『好きな人の為に頑張りたいと思う気持ち』じゃないのかなと私は思うわけです。
だから、私は人の価値はこういった『心意気』っていう『人間性』で決まると思う。

(風邪引いたときに駆けつける・泣いているときに自転車で迎えにくる等その人のために、
自分がどれほどの事をしてあげたいかという気持ち)


ハイ・フィデリティでも印象に残っているシーンがあって、
それは、ローラの父の葬式のシーンなのですが、
ロブはローラに「ごめんね」って謝るシーンがあるんだけど、
ちょっと感動した。
「これが男の成長か」って。


同棲していたけど出て行った彼女・ローラは、ロブにこんな事を言ってたよね、

「あなたって変わらない。自分も人も変わることを許してくれない」


結局男っていうのは、なんか知らんが皆それぞれ『こだわり』っていうのがあって、
(それがこの映画の場合はロブの『音楽と執拗な恋愛に対するプライド』なんだろうけど)
どんなにゆるやかな人にも、変に頑固だったり、絶対に曲げないものを持ってたり、
それをなんだったら人に押し付けてしまうところだったり…。


全てロブだけが悪いとは思わない。
新しい男に逃げたくせに、元カレのロブの家にやってきたり、電話するローラもダメだなって思う。
けど、それでもロブはしっかり自分から「ごめんね」って言ったよね。
これって多分ロブが「こだわり」を捨てたわけではなくて、女性に対して「大人になった(成長した)」っていう、
心意気を見せてくれたすごく大切な場面だと思った。





・・・・・あれ?結局いつものブログみたいに、ただ徒然とした感想になってるなぁ〜。
という事で、今回はいつも見たいに「何が言いたいかと言うと」ではなく、「宣誓」で締めたいと思いま〜す!





宣誓!!
全世界の糞男共に誓います!
私は、絶対に男の「こだわり」だとか「プライド」とかで自分の価値を決めつけられるのは嫌だし、
一番大切なものは『思いやりの心』だったり、ちょっとした『気遣い』だとか、『優しさ』だとか
人間性だという事はやはり譲れません!

しかし!かといって、私は男の成長は「こだわりを捨てる事」だとも思っておりません!
やはり「こだわりを持つ男」はかっこいいし魅力的なのです!
大切なのは「こだわりを捨てる事」ではなくて、「心意気」を見せることなのです!!!!!!!

だから!!!全こじらせ男子につぎます!
こだわりは捨てなくてよし!貫け!!!!自分が正しいと思った道をすすめ!!!!!!!!!
でもたまに、女に優しくしろ!!!!!!!!
そして。私は「男のこだわり」に対して、理解して上げる寛大な心を持てる女にになることを、
ここに誓います!!!!!




どっひゃ〜!結局好きな人を支えたいっていうのが女なのですね。泣ける。
おばかちゃんは私ですな。てへぺろ